トップページ > 鶴岡高専技術振興会 > 2019市民サロン第3講を開催します。

2019市民サロン第3講を開催します。

2019市民サロン第3講を開催します。
講座内容

◎市民サロン…鶴岡高専と地域内研究機関等の研究者・技術者を講師に、各専門分野の最新情報をわかりやすく提供する市民講座です。どなた様もお気軽にご参加ください。

 

10月15日(火)の第3講は、『体験から知る庄内の食と農 - 豊かな食を楽しむために -』と題しまして、鶴岡市郊外で自家栽培の野菜を使った家庭料理を提供する農家レストランのお話と、豊かな作物、おいしい食べ物づくりに深く関わっている微生物の役割や仕組みをやさしく紹介するお話です。

 

《講話1》

『農家&レストランを約8年~ローカライズな食と農の楽しみ方~』
講師: やさいの荘の家庭料理「菜ぁ」

    小野寺 紀允 氏

あなたにとって「ソウルフード」ってなんでしょうか?自分が小学校の文集で書いた好きな食べ物は、『家の炊き立てのご飯とおばあちゃんの梅干し』。
この2つは未だに変わらず、どこの世界へいっても得られない一品。そして、それを得る事がどんなに大変な事か気づいた30代。
今はその好きな食べ物を「自分で作ること」で継ぎ、楽しんでいます。

 

《講話2》

『微生物のチカラを借りて豊かな食と農へ』
講師: 鶴岡工業高等専門学校 創造工学科
    化学・生物コース 准教授 斎藤 菜摘 氏

土や水、身のまわりの環境には常に微生物が存在しています。これら微生物たちは、豊かな作物をつくり、私たちがおいしい食べ物をいただくまでの間にとても大切な働きをしています。特に農業ではこういった「微生物のチカラ」を昔から利用しているわけですが、どんな微生物が、どこでどのように役立っているのでしょうか。本講話では、食と農につながる微生物の役割や仕組みについて少しだけ紐解いてみたいと思います。

 

期日 2019年10月15日(火)

募集中

時間 18:30~20:00
会場/場所 庄内産業振興センター 第2研修室 (鶴岡駅前マリカ東館3階)
受講料 無 料
お申し込み方法

FAXでのお申し込み方法

このセミナーに申し込みをする(メールフォーム)

お申し込み
締め切り日
2019年10月10日(木)
お問い合わせ
申し込み先
鶴岡高専技術振興会((公財)庄内地域産業振興センター内)
〒997-0015 山形県鶴岡市末広町3-1 (鶴岡駅前マリカ東館3階)
TEL:0235-23-2200 FAX:0235-23-3615
実行体制 主催:国立高専機構鶴岡高専地域連携センター・鶴岡高専技術振興会
後援:山形県・鶴岡市・(公財)庄内地域産業振興センター

このセミナーに申し込みをする

※個人でお申込みの方は、「住所・連絡先」、「受講料支払い方法」、「Eメールアドレス」、「受講者氏名」欄にご記入ください

法人・事業者
法人名・事業者名
例:株式会社*****(全角)
業種区分


住所・連絡先
郵便番号 (必須)
(半角数字)
都道府県名 (必須)
市区町村・番地 (必須)
全角
ビル名など
全角
電話番号 (必須)
(半角数字)
FAX番号
(半角数字)


申込担当者  ※法人でお申込みの場合は、必ずご記入ください。
所属部署・役職
(全角)
氏名
(全角)
フリガナ
(全角カナ)


受講料支払方法  有料のセミナー等の場合ご選択ください。
受講料支払方法


※「現金支払」を希望された場合は、原則として当日受付でお支払いいただきます。
※「口座振込」を希望された場合は、後日請求書をお送りしますので、期日まで指定口座にお振込ください。


Eメールアドレス
メールアドレス (必須)
(半角英数字)

※携帯電話以外のアドレスをご入力下さい。

メールアドレス確認 (必須)
(半角英数字)

※確認のため、コピーせず再入力してください。
※お申込みいただきましたセミナー等の受講に関するご連絡は上記のEメールアドレスにとさせていただきます。

Eメールによるご案内 (必須)
郵送によるご案内 (必須)


※庄内地域産業振興センターより、各種セミナー等のご案内をさせていただく場合がございます。「可」又は「不可」にチェックを入れてください。

受講のきっかけ (必須)


受講者1
氏名 (必須)
(全角)
フリガナ (必須)
(全角カナ)
性別
年齢
所属部署
役職名
受講者2
氏名
(全角)
フリガナ
(全角カナ)
性別
年齢
所属部署
役職名
受講者3
氏名
(全角)
フリガナ
(全角カナ)
性別
年齢
所属部署
役職名
通信欄

ページの先頭へ戻る