トップページ > 鶴岡高専技術振興会 > 《開催中止》ものづくり企業支援講座「核磁気共鳴(NMR)法の入門実習」は、新型コロナウィルス感染症対策に伴い、開催を取り止めます。

《開催中止》ものづくり企業支援講座「核磁気共鳴(NMR)法の入門実習」は、新型コロナウィルス感染症対策に伴い、開催を取り止めます。

《開催中止》ものづくり企業支援講座「核磁気共鳴(NMR)法の入門実習」は、新型コロナウィルス感染症対策に伴い、開催を取り止めます。
講座内容

3月24日(火)に予定しておりましたものづくり企業支援講座「核磁気共鳴(NMR)法の入門実習」は、新型コロナウィルス感染症対策に伴い、開催を中止することといたします。

受講お申込みいただきました皆様には大変申し訳ございませんが、何とぞご理解いただきますようお願いいたします。(2020.3.3)

===== ===== ===== ===== ===== =====

 

核磁気共鳴(NMR)法は,化学構造を解析するための有力な手法として広く普及しており,材料の研究開発には欠かせない分析技術の一つである.

開発当初は溶液状態の試料を測定するための装置であったが,近年では,C P – M A S法や磁場勾配NMR法などの発展に伴い,固体試料の構造同定や高粘性液体の分子運動の測定などにも応用されている.
本講座ではN M Rの基礎である溶液測定を中心として,1H,13Cなどの核種によって得られる情報の違いと,N M Rチャートを解析するための必要最低限の知識の習得を目的とする.

また,実際にNM R測定用の溶液試料調製から測定までを体験しながら,実験を行う際の注意点や高分解能のデータを得るためのポイントを解説する.

期日 2020年3月24日(火)《中止いたします。》

終了しました。

時間 13:00~17:00
講師プロフィール 鶴岡高専 創造工学科 化学・生物コース 教授 森 永 隆 志 氏
会場/場所 鶴岡工業高等専門学校 6号館 分析実験室
受講料 無料
定員 5名 (希望者が定員を越える場合は,1社から参加できる人数を制限させていただくことがあります.)
お申し込み方法

FAXでのお申し込み方法

お問い合わせ
申し込み先
(公財)庄内地域産業振興センター
電話/0235-23-2200(代) FAX/0235-23-3615
E-mail info@shonai-sansin.or.jp
実行体制 主催/鶴岡高専技術振興会
共催/国立高専機構鶴岡高専地域連携センター
後援/(公財)庄内地域産業振興センター
ページの先頭へ戻る