トップページ > セミナーのご案内 > 各種セミナー > 「クラウドファンディングを活用した自社製品開発セミナー」

「クラウドファンディングを活用した自社製品開発セミナー」

「クラウドファンディングを活用した自社製品開発セミナー」
講座内容

3次元CAD/CAEによる製品開発業務の革新と、デジタルデータをもとに立体構造物を再現する3Dプリンター等のデジタルツールの小型化、低価格化が急速に進み、大企業だけでなく、中小製造業や個人事業でも自社製品の開発が可能な環境が整ってきています。
 Bsize(株)(LEDデスクライト)の成功にあるように、秀逸なアイディアとソーシャルメディア等のITを活用した異業種のコラボレーションにより、一人メーカーとして起業する動きや自社の経営資源を活かして脱・下請に向けた経営革新として事業化に取り組む企業も出始めています。

この実践セミナーでは、「マイクロモノづくり」を提唱し、中小企業のモノづくりに特化したクラウドファンディングプラットフォーム「Zenmono クラウド」を運営する株)enmono(エンモノ)代表取締役の三木康司氏と技術担当取締役の宇都宮 茂氏を招き、次世代のソーシャルファイナンスであるクラウドファンディングを活用した中小企業(製造業)の自社製品開発について、「企画発想➔経営資源を集めて作る方法➔販売まで新規に事業を起こしてカタチにする」までのプロセスを一気通貫で実体験する実践型セミナーを開催します。

期日 平成26年11月5日(水)

終了しました。

時間 9:00~18:00
講師プロフィール 講師プロフィール





三木 康司 氏   (写真左)
株式会社 enmono 代表取締役
1968年生まれ、東京都出身。明治学院大学卒業後、富士通株式会社に入社し海外営業で経験を積む。
慶應義塾大学SFCにて政策・メディア修士号を取得し、博士課程単位取得退学。
その後、中小製造支援ベンチャーの株式会社NCネットワークでIT担当役員を経て、
2009年に株式会社enmonoを設立・起業。

宇都宮 茂 氏   (写真右)
株式会社 enmono 技術担当取締役
1964年生まれ、大阪府出身。
同志社大学工学部卒業後、スズキ株式会社に入社し生産技術職を経験。
その後、試作メーカーの株式会社松井鉄工所にて生産技術課長職を務め、株式会社NCネットワークに入社。
三木康司氏と出会う。生産技術兼調達担当部長を務めた後、
株式会社enmonoを三木氏と設立・起業。
受講対象 〔こんな方におすすめです〕
◎自社技術を活用した製品開発を考えている製造業の経営者(次世代)・経営幹部、事業企画担当者
◎ものづくりで起業したい方
◎クラウドファンディングを活用して新規事業(ものづくり・サービス)を創造したい方
会場/場所 庄内産業振興センター研修室
受講料 1人 8.000円(消費税込)
*1つの事業所から複数お申込みの場合は、2人目から6,000円となります。
定員 12名
お申し込み方法

FAXでのお申し込み方法

お申し込み
締め切り日
10月30日(木)

終了しました。

お問い合わせ
申し込み先
(公財)庄内地域産業振興センター
電話0235(23)2200(代)/FAX0235(23)3615
e-mail info@shonai-sansin.or.jp
ページの先頭へ戻る